こみねクリニック

こみねクリニック さいたま市 の 内科,外科,皮膚科

〒331-0065 埼玉県さいたま市西区二ツ宮397-1
TEL 048-782-4799
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

気管支喘息

あなたのその咳大丈夫ですか?

あなたのその咳大丈夫ですか?

長引く咳には様々な理由があります。風邪によるもの、空咳が続く咳喘息、「ゼーゼー」といった呼吸音の気管支喘息、すぐに息切れをしてしまう慢性気管支炎(COPD)などです。

風邪は治ったはずなのに、咳が止まらない方は一度ご相談ください。

 

気管支喘息とは

気管支喘息とは、肺につながる空気の通り道である「気道」が炎症を起こしている状態です。炎症によって気道が狭くなっており、ちょっとしたホコリなどに敏感に反応して発作が起こります。刺激となるアレルゲンには他にも、ダニ、ハウスダスト、ペットの毛、花粉、カビなどがあります。そのため、アレルゲンを除去する努力が必要となります。また、これらのアレルゲン以外にも、タバコの煙にも影響すると言われています。

発作には「咳が出る」「息苦しく感じる」「呼吸をするときにゼーゼー、ヒューヒューという音が鳴る」などがあります。症状は早朝や夜間、季節の変わり目などに起こりやすいとされています。ひどくなると急に息ができなくなって呼吸困難になることもあります。

原因は完全に解明されていないとは言え、家族が喘息などのアレルギー体質の方や、免疫力が弱い人などは気管支喘息になりやすいと考えられています。また、ストレスで自律神経が乱れていると症状が悪化しやすいと言われています。ストレスをためないよう、睡眠不足を防ぐなどの努力が必要です。患者には子供から大人まで幅広い世代の方がいます。子供に多いイメージですが、大人になってからなる方もいます。

 

気管支喘息の治療法

気管支喘息の治療の目的は「発作が起こらないように予防すること」と「発作がおきたときに対処すること」とがあります。予防については気道の炎症を抑える「吸入ステロイド薬」や気道を広げる「長時間作用性β2刺激薬」などを使用していきます。発作が起きたときには「短時間作用性吸入β2刺激薬」の吸入薬などで対処していきます。

喘息は少し症状がよくなったからといって治療を自己判断で治療をやめてしまうと、再び発作が起こる可能性があります。医師の指示通りに続けていくことが肝心です。